密かにブームを巻き起こしている独身限定ワイン会。素敵な出会いをつくり、独身限定ワイン会を十二分に楽しむ方法を紹介します。

独身ワイン会とは

参加資格が独身の男女限定のワイン会です。「新しいワインとの出会い」と「新しいパートナーとの出会い」を期待できる、一粒で二度美味しいイベント。それが独身限定ワイン会です。

ワインイベント運営者さんが開催している他、最近は街コンとのコラボで開催しているケースも増えています。

独身ワイン会の選び方

独身ワイン会の差が出るポイントは、

  • 価格帯
  • 運営方式
  • ワインの質
  • 客層
  • 参加者数

です。

特に特徴が出るのは、街コン運営者さんが主催/提携しているケースです。

街コンが入っている場合

この場合、

  • 価格は安めで参加しやすい料金
  • ローテーションや連絡先交換タイムあり
  • ワインの質は低め
  • 20代後半〜40代 / 比較的出会い慣れした客層
  • 20〜40人前後キャパの会場

といった特徴があります。
ワインと交流をゆったり楽しむよりは、効率的に出会いの数を稼ぐことを考えて参加する方が多いです。

ワイン会主催者による単独企画の場合

一方、ワイン会の運営者さんによる単独企画である場合、

  • 価格は高め
  • 立食パーティー形式での自由な交流
  • ワインの質は高め
  • 30代〜のワイン好きな客層が中心
  • 20〜80人キャパの会場と幅広い

と、場回しはほぼなく、自由に交流をおこなう立食パーティーがほとんどです。美味しいワインを飲みながら、ゆったりと会話を楽しむことができます。

一方、ローテーションや連絡先交換のアナウンスはないため、自分から積極的に話しかけられない方が孤立している場面も見られます。

また、「ワインと交流にやや高めの参加費を払ってもいい」と思える方が中心の客層になっています。

もちろん、ワイン会によって価格帯に差はあり、口コミベースで集客しているイベントであれば客層もまた変わってきます。

独身限定ワイン会に参加した感想や口コミ評判

私が参加したことのある独身限定ワイン会の感想を少し紹介してみます。

TOKYO WINE PARTY

ワイン会を規模の大きいパーティーイベントとして再定義し、広めた第一人者的存在がTOKYO WINE PARTYです。
私が参加した独身限定ワイン会は、神谷町の愛宕グリーンヒルズの最上階で開催されたイベント。

参加者の構成比としては、

  • 男性:30代〜50代の方
  • 女性:20代後半〜40代の方

男女比は4:6くらいでした。
私がお話しできたのは、

  • メーカー勤務の30代男性・医師の50代男性・SEの30代男性・飲食店経営の40代男性
  • 看護師の30代女性・経理の30代女性・サロン経営の40代女性・広報PRの30代女性

他にも何人かお話しした気がしますが、途中から酔っ払っていたので記憶が定かでありません。。

TOKYO WINE PARTYはワイン・食事ともにレベルが高いのが嬉しいですね。
また東京タワー・レインボーブリッジ・スカイツリーを一望できる稀有な夜景を楽しむことができ、気分も上がるというものです!

会費は8,800円とお高めですが、その後の人間関係にもつながり私は大満足でした。

独身ワイン会で素敵な出会いをつくる5つのコツ

独身ワイン会はせっかくの出会いの場ですから、多くの方とつながれると良いですよね。素敵な出会いをつくるコツをご紹介します。

会話を切るタイミングをつくる

立食パーティーでは、多くの方とお話しできるように、適当なところで会話を切り上げるのはふつうのことです。

  • ワインを注いでもらいに行く
  • 食事を取りに行く
  • トイレに立つ

大きくこの3つのシチュエーションでその場を離れることになりますので、このタイミングで自然に会話を切り上げ、別の方とお話しすることができます。

ワインを少なめに注いでもらうと、このタイミングを増やすことができるのでおすすめです。色々なワインを飲み比べることができ一石二鳥です。

場合によっては直前に話していた方が待っているかもしれませんが、そもそも色々な方とお話しできるようにするのが立食パーティーですので、お互い気にしないことです。

他の参加者を巻き込む

特定のお相手と話し込むのもいいですが、まわりのグループや1人の人を巻き込むと場が盛り上がります。

より多くの人とお話ししたいと思っている参加者がほとんどなので、特にルールがなければ積極的に話しかけてOKです。

とはいえ、いい雰囲気になっているカップルはそっとしておきましょう。

ちなみに、話してみたい人がいるけど、直接話しかけに行くのははばかられる時にも有効です。

連絡先の交換タイミングをおさえる

  • 会話中
  • パーティーの終了間際

大きくこの2つのタイミングで連絡先を交換することができます。

ワインという共通テーマがありますので、会話の中で自然に交換しやすいのも独身限定ワイン会のいいところです。

パーティーの終了間際に聞くのも良いでしょう。誰かと話し込んでいることもありますので、そこは空気を読み会話が途切れたタイミングで話しかけるのがスマートです。

ちなみに、連絡先を交換した後もしばし会話を楽しんでから場を離れると相手に好印象を与えます。

同性とも連絡先を交換する

出会いの会だからといって異性にこだわり過ぎず、同性の方とも積極的に交換するのがおすすめです。

特に男性は女性としか交換しない傾向がありますが、男性同士で気さくに交換する姿は女性から見てポイントアップです。

なにより婚活の戦友やワイン仲間が増えることは、別の出会いのきっかけづくりや人生の充実につながるかと思います。

(参考リンク)ワイン会は婚活にも効く?:

ワイン会で婚活する3つのメリットとデメリット/おすすめイベント情報

独身限定ワイン会でやってはいけないこと

当たり前のことではありますが下記は嫌われるもとになります。

  • しつこくつきまとう
  • 無理に連絡先を聞く
  • 1人の相手と話し続ける
  • 特定の相手に邪険な態度を取る
  • ワイン語りや自分語りを続ける
  • 泥酔して絡む

色々な人と会話を楽しむ姿勢こそポイントアップにつながります。

独身限定ワイン会で素敵な出会いを


独身限定ワイン会は共通の趣味を持つ男女をつないでくれる場です。
ぜひ素敵な出会いを見つけてくださいね。

ちなみに私たちが運営している「気軽に来れるワインホームパーティー」は独身限定ではありませんが、

  • 美味しいワインを飲みながらゆったりワイワイ交流したい
  • 10〜20人程度で密度重視でお話ししたい
  • 飲み会仲間を増やしたい

といった方には良い時間をお過ごしいただけるかと思います。

(独身の割合9割以上、男女比4:6〜5:5程度、一人参加6〜7割程度)

「ワインを仲間とシェアして愉しむ」従来のワイン会に近いですが、結果的にいい出会いが生まれているようで、カップル報告もいただいています。(とても嬉しいです!)

人と人をつなぐワインの力は素晴らしいなと改めて思います。

良ければお気軽にご参加ください。