エノトリーアテルス(ワインの大地という意味)

古代ギリシャ人にそう呼ばれたほど、イタリア全土はワイン栽培に適した土地でした。イタリアは全20州でブドウ栽培がされており、ワインが生産されています。

文化財の宝庫でもあるトスカーナ州は、そのイタリアの中でも赤ワインの銘醸地として知られています。そのトスカーナ州で生産されている、イタリアワインの顔ともいえるべきワインがキャンティです。

キャンティクラシコは、そのキャンティ地域から独立したワインです。

今回はキャンティクラシコについての簡単な説明と、おすすめのキャンティクラシコを8本ご紹介させていただきます♪

お好みに合ったものを見つけてみてくださいね!

キャンティ クラシコとは

イタリア、トスカーナ州で生産されている赤ワインです。

トスカーナ州の中心辺りにキャンティの生産エリアがあります。しかし、元々キャンティとして指定されたエリアは、キャンティの人気が出るにつれて徐々に拡大していきました。

元々キャンティとして指定されていたエリア(フィレンツェとシエナの間の中心地)が、伝統的なキャンティクラシコのエリアとして規定されています。

キャンティクラシコのエリアは、乾燥してて水はけがよく、日照量も豊富で、ワイン栽培に適している丘陵地帯です。

キャンティクラシコの使用葡萄品種

キャンティクラシコは、サンジョベーゼ種を中心に造ることが規定されています。

トスカーナ州はサンジョベーゼ種を中心に造られたワインが多くあります。伝統的なワインは、サンジョベーゼ種や、サンジョベーゼ種のクローンであるブルネッロ種で造られています。

近年トスカーナ州では、その土地に根付いていた固有の品種に限らず、カベルネソーヴィニヨン種やメルロ種などの国際品種も多く栽培されています。

それらのワインはサンジョベーゼ種を使用した伝統的なものに対して、“スーパートスカーナ”と呼ばれています。今回は伝統的な産地であるキャンティクラシコをご紹介していますが、国際市場を意識したスーパートスカーナも、高い評価を得ています。

キャンティとキャンティクラシコの違い

元々キャンティを名乗っていた地区からキャンティクラシコが独立した形なので、特徴には類似点があります。

ですが、生産規定や法定熟成期間がキャンティよりもキャンティクラシコの方が非常に厳しく、長期熟成型ワインが多いことから、親しみやすいキャンティとは違うタイプとして生産されています。

2年の熟成期間を必要とするリゼルヴァタイプも、キャンティクラシコの中で最高峰とされ、人気があります。

キャンティクラシコの特徴

「キャンティクラシコ味わいの特徴」

凝縮感のあるフルーツの香りやスパイスのニュアンス。そして豊かな果実味としっかりとしたタンニン。

「キャンティクラシコと相性の良い料理」

塩味のきいたサラミやハム、鶏レバーのクロスティーニ、赤身牛のステーキ、猪の串焼きなど比較的濃い味わいのものが挙げられます。

キャンティクラシコのシンボル「ガッロネロ」

キャンティクラシコのワインの多くには、黒い鶏のマークがあります。このガッロネロ(黒い鶏)はキャンティクラシコのシンボルマークとして、使用されています。

このガッロネロには逸話があり、フィレンツェとシエナでの領土分割の際に、朝鳥の鳴き声がしてからお互い出発し、出会った場所を境界線とすることになりました。

シエナは普通の鶏を、そしてフィレンツェは黒い雄鶏を選びました。フィレンツェはガッロネロに餌を与えず、おなかをすかせた黒鶏は早く鳴き声を上げたため、シエナよりも広く領土を獲得できました。そしてキャンティ同盟のシンボルとなったようです。

では少しキャンティクラシコについて知ったところで、おすすめのワインを紹介していきます♪

キャンティ クラシコ カーザ エンマ


カーザ エンマは、キャンティクラシコの第一人者と言われる、カルロフェッリーニ氏が手掛けるワイナリーです。モダンスタイルなキャンティクラシコを知るにはもってこいのワインです。

赤や黒の果実などの豊かな果実味、スミレの花の香り、胡椒などのスパイスのニュアンス。

丸みを帯びたタンニンと、料理の味を引き立ててくれるようなしっかりとした酸味が特徴です。

  • 原産国:イタリア
  • 産地:トスカーナ
  • ブドウ品種:サンジョベーゼ主体
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:ミディアムボディ
  • 参考価格:2.500円

キャンティ クラシコ リゼルヴァ イル カンピテッロ モンテラポーニ


モンテラポーニの畑は、キャンティクラシコの中でも標高の高い場所にあります。そこで栽培されたブドウが、綺麗な酸や上品な味わいをもたらしてくれます。

自然を考慮したビオロジックで栽培し、熟成に於いては伝統的な大樽を使用しています。

赤い果実にスパイスやハーブのニュアンスが豊かに広がります。

綺麗な酸と細かで滑らかなタンニンがエレガントな印象です。しならかながら、芯のしっかりとした魅力的な味わいです。

  • 原産国:イタリア
  • 産地:トスカーナ
  • ブドウ品種:サンジョベーゼ主体
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 参考価格:4.700円

キャンティ クラシコ モンテカルヴィ


モンテカルヴィはキャンティクラシコの中の、グレーヴェ イン キャンティという伝統的な産地にあります。

斜面に植えられたブドウは植樹密度が高く、各ブドウの樹が競争し、地中深くまで値を伸ばすことを目的としています。

畑仕事は細やかに行いますが、醸造は自然酵母を使用し、なるべく人の手を加えないナチュラルワインづくりを目指しています。

アメリカンチェリーのような豊かな果実味とカカオの香りが印象的です。

濃厚な果実味を支えるしっかりとしたタンニンと、酸のバランスが素晴らしい味わいです。

  • 原産国:イタリア
  • 産地:トスカーナ
  • ブドウ品種:サンジョベーゼ主体
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 参考価格:4.000円

キャンティ クラシコ イゾレ エ オレーナ


イゾレ エ オレーナはイゾレとオレーナという二つの畑を購入して設立されたワイナリーです。

以前はアンティノリへワインをおろしていましたが、現在はパオロ デ マルキ氏が率いて、自社瓶詰めを行っています。

サンジョベーゼ100%で造られたチェッパレッロもリリースしており、キャンティクラシコではありませんが、高評価を得ています。

完熟プラムのような果実味が口の中でジューシーに広がります。

胡椒などのスパイス、干し肉のような野性味溢れるニュアンス。

しっかりとした酸と豊富なタンニンはパワフルなお肉料理にも負けません。

  • 原産国:イタリア
  • 産地:トスカーナ
  • ブドウ品種:サンジョベーゼ主体
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:ミディアムボディ
  • 参考価格:3.200円

キャンティ クラシコ フォントディ


フォントディはサンジョベーゼへのこだわりを強く持った生産者です。サンジョベーゼ100%で造ることがキャンティで許されていなかった時代からサンジョベーゼのみの素晴らしいワインを造ってきました。

この造り手の最高ランクのワイン、フラッチャネッロもおすすめですが、フォントディの入門編的ワインとして、こちらのキャンティクラシコをおすすめします。

黒いベリーやスミレのニュアンス。滑らかに広がる果実と酸のバランスが心地良く、エレガントな印象です。

爽やかでフレッシュ感のある、軽やかな飲み心地です。

  • 原産国:イタリア
  • 産地:トスカーナ
  • ブドウ品種:サンジョベーゼ
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 参考価格:3.500円

キャンティ クラシコ カステロ ディ アマ


カステロ ディ アマはキャンティクラシコで最高峰の造り手です。

キャンティクラシコが早飲みワインのイメージが強い頃から、熟成型のワインを生産しており、キャンティ クラシコの質の向上へと努めてきました。

かつてのキャンティ クラシコでは珍しい単一畑のワインを瓶詰したシリーズは、高い評価を得ています。

野性的なベリー、熟した果実のニュアンス。程良いボリューム感と、上質なタンニンがエレガントです。

クラシカルな気品を感じることのできるキャンティクラシコです。

  • 原産国:イタリア
  • 産地:トスカーナ
  • ブドウ品種:サンジョベーゼ主体
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 参考価格:3.500円

キャンティ クラシコ クエルチャベッラ


4つの地区のブドウをブレンドしたバランスの良いキャンティ クラシコ。

伝統的な製法を重んじていて、現在は自然に配慮したビオディナミ農法に切り替えています。

料理に合わせやすく、エレガントな味わいを表現して、ワインラベルにはシェフが描かれています。

花や果実のニュアンス。スパイシーな香りが魅力なアクセントとして感じられます。

生き生きとした酸味と滑らかなタンニンがバランスの良い飲み心地です。

  • 原産国:イタリア
  • 産地:トスカーナ
  • ブドウ品種:サンジョベーゼ主体
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:ミディアム~フルボディ
  • 参考価格:3.200円

キャンティ クラシコ リゼルヴァ レ バロンコレ サンジュスト ア レンテンナーノ


通常のキャンティ クラシコよりも長く熟成させたリゼルヴァタイプのおすすめの一本。

トスカーナ州産のメルロを使用したワインで有名になった造り手ですが、敷地の9割近くはサンジョベーゼが植えられており、サンジョベーゼへの思いを感じることができます。素晴らしい凝縮感を持つ、長期熟成タイプの赤ワインです。

熟した赤い果実やプラムのジャム、バニラが華やかに香ります。

エレガントで熟度の高い甘みを感じさせるような味わいです。

  • 原産国:イタリア
  • 産地:トスカーナ
  • ブドウ品種:サンジョベーゼ主体
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:ミディアムボディ
  • 参考価格:4.482円

最後に

いかがでしたでしょうか?今回は数あるキャンティクラシコの中から、特におすすめのワインを8本選びました。

「今夜はステーキ!赤ワインを合わせよう♪」という日にはキャンティクラシコを選んでみてはいかがでしょうか?

キャンティクラシコには、霜降りの牛肉よりもヘルシーで上質な赤身の牛肉がぴったりです♪

ワイン会への持ち込みも、話題性のあるスーパートスカーナも良いですが、伝統的なキャンティクラシコを選んでみるのもワイン好きの心をくすぐると思います。

是非この中から選んでみてください♪

東京在住のソムリエ36歳、ワインに携わる仕事に就いて16年目になります。

ある日仕事で美味しいキャンティクラシコに出会い、ワインの素晴らしさに開眼。困ったことに、その日からほとんど毎日のようにワインを飲むようになってしまいました。現在は同じくソムリエの夫と、小さなワインバーを経営しています。

趣味は映画鑑賞と飼い犬を愛でること、料理、そしてワインです。ワインは赤も白もミネラリーで酸の綺麗なタイプが好きです。

スポンサーリンク