クボイツヨシクボイツヨシ

凝縮感のある果実の味わいがたまらないイタリアワイン「アマローネ」をご紹介します。

北イタリアはヴェネト州の伝統的な製法で造られる高級ワイン『アマローネ』を皆さんご存知ですか?

という事で、今回は『アマローネ』についての解説と『厳選おすすめアマローネ』7銘柄を紹介します。

アマローネワインとは?

まず『アマローネ!?』という名前の雰囲気から、『甘いワインなんですか・・・?』と聞かれる事もしばしばあります。

答えはノー。むしろ真逆でアマローネとはイタリア語で(アマーロ)『苦み』という意味なんです。

アマローネは『ヴァルポリチェッラ』というワインを独特な製法により造る赤ワインです。『ビターチョコレート』のような『ほろ苦い甘み』と凝縮した『果実味』が溶け込んだイタリア・ヴェネト州を代表する高級ワインです。

※イタリアワイン法最上位の格付け『DOCG』に位置付けされています。

アマローネの製法


アマローネの製法に『アパッシメント』という工程があります『アパッシメント』とは『陰干し』という意味で、その名のとおり『完熟させたブドウ』を『数ヶ月陰干し』する作業の事です。

この『アパッシメント(陰干し)』という工程により、ブドウが以下のような状態となります。

  • ブドウから約50%の水分が蒸発してエキス分が濃くなる。
  • 糖度が上がる。
    ※枝付きのレーズンのような状態。

エキス分と糖度の上がったブドウを発酵させて赤ワインを造ります。造られた赤ワインを『最低2年以上樽で熟成』させた後、瓶詰めして『6ヶ月以上の瓶内熟成』してから出荷されます。

この工程を行う事で『凝縮感ある果実味』『力強いボディ』の『最高級アマローネ』となります。

『アパッシメント』により『凝縮したワイン』になる分、通常のワインよりも圧倒的に果汁が少なくなります。そのため『生産量も少なくなる』ので『大変希少なワイン』という事にもなります。

【補足】アマローネの弟分「リパッソ」

ちなみに『アマローネ』の弟分的で、『リパッソ』という製法のワインもあります。

『リパッソ』とは『元に戻す』という意味で、上記の『アマローネ』の『搾り粕』と元の赤ワインである『ヴァルポリチェッラ』をブレンドして『再発酵』して造られます。いわば『アマローネの2番煎じ』的なワインです。

※『ヴァルポリチェッラ(VALPOLICELLA)』ワインのラベルに『リパッソ(RIPASSO)』と書かれています。

厳選おすすめアマローネ7選

スペリ・モンテ・サントゥルバーノ・アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ 2012

1800年代創業で現在5代目となる『ヴァルポリチェッラ』の家族経営の老舗『スペリ』が造るアマローネです。

標高280~350メートルの場所にある、50ヘクタールの自社畑で穫れる『オーガニック』のブドウを使用しています。栽培から瓶詰めまで『全て手作業』で行います。
『アリエオーク(フランス・アリエ産の樽)』で2年熟成後、『スラヴォニアンオーク(スロヴェニア産の樽)』で1年熟成されます。

『煮詰めたブルーベリージャム』のような果実味に『ブラックペッパー』のようなスパイシーさのあるパワフルで複雑な風味の『フルボディ』タイプです。

  • 原産国:イタリア
  • 産地:ヴェネト州
  • 品種:コルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラ、クロアティーナ
  • 生産者:スペリ
  • 味わい:甘口☆☆☆★☆辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 参考価格:6,500円~8,000円

ラルコ・アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ 2011

『アマローネの父』ともいわれ、頂点でもある生産者『ジュゼッペ クインタレッリ』の一番弟子『フェドリーゴ・ルーカ』が造るアマローネです。

コルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラ、クロアティーナというブドウ品種を使用しています。約100日間の『アパッシメント』を行い発酵された後、『スラヴォニアンオーク(スロヴェニア産の樽)』で熟成されます。

アメリカンチェリーのような凝縮した果実味に穏やかな酸味が馴染んだ『滑らかなフルボディ』タイプです。

  • 原産国:イタリア
  • 産地:ヴェネト州
  • 品種:コルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラ、クロアティーナ
  • 生産者:ラルコ・ディ・アズィエンダ・アグリコーラ・フェドリーゴ・ルーカ
  • 味わい:甘口☆☆☆★☆辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 参考価格:8,000円~10,000円

アレグリーニ・アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ  2013

イタリアで最も権威あるワイン評価誌『ガンベロロッソ』にて、『最高賞』を過去最多受賞した生産者『アレグリーニ』が造るアマローネです。

通常の品種『コルヴィーナ、ロンディネッラ』に加え、ヴェネト州の土着品種で『世界最古の品種のひとつ』ともいわれる『オゼレータ』という品種を使用しています。120日間の『アパッシメント』の後、『20ヶ月の樽熟成』と『12ヶ月の瓶内熟成』を行います。

プラムのコンポートのようなリッチな果実味に程よい舌触りの『タンニン(渋み)』が広がる、『濃厚で滑らかな味わいのフルボディ』タイプです。

  • 原産国:イタリア
  • 産地:ヴェネト州
  • 品種:コルヴィーナ、ロンディネッラ、オゼレータ
  • 生産者:アレグリーニ
  • 味わい:甘口☆☆☆★☆辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 参考価格:8,000円~10,000円

モンテ・ダッローラ・アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ・ストローパ 2006

ヴァルポリチェッラの地域中心部にある生産者『モンテ・ダッローラ』の造るアマローネです。

有機農法により育てられた『コルヴィーナ、ロンディネッラ』に加え、『コルヴィノーネ、クロアティーナ、オゼレータ』という土着品種も一緒に醸造されます。樽熟成は4年間で、上級ワインに使用される『タランソー社のフレンチオーク』を使用しています。通常の『アマローネ』のような凝縮した果実の甘味は控えめで、花束のような『アロマティック』な風味に、ブラックペッパーのような『スパイシーな風味』のあるドライな味わいのフルボディタイプです。

  • 原産国:イタリア
  • 産地:ヴェネト州
  • 品種:コルヴィーナ、ロンディネッラ、ヴィノーネ、クロアティーナ、オゼレータ
  • 生産者:モンテ・ダッローラ
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 参考価格:9,000円~12,000円

ベルターニ・アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ 2008

ヴェネト州の名門ワイナリーでアマローネの代表的な生産者『ベルターニ社』が造るアマローネです。

120日間という長い『アパッシメント』の後、『不良な果実』は全て間引かれます。発酵に50日以上の期間をかけ、『スラヴォニアンオーク(スロヴェニア産の樽)』で6年間という長期熟成を行います。

ドライフルーツのような凝縮した果実味に『スパイス』や『バニラ』の風味のある、『エレガントな味わいのフルボディ』タイプです。

  • 原産国:イタリア
  • 産地:ヴェネト州
  • 品種:コルヴィーナ、ロンディネッラ
  • 生産者:ベルターニ社
  • 味わい:甘口☆☆☆★☆辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 参考価格:9,000円~12,000円

マァジ・コスタセラ・アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ リゼルヴァ 2005

1972年に創業のヴェネト州最大で『ヴァルポリチェッラ』のトップ生産者でもある『マァジ社』が造るアマローネです。

大手企業ならではの『ブドウ自然乾燥システム』や『ステンレスタンク』による低温発酵など取り入れています。大樽やステンレスタンク発酵の後に、600Lの『スラヴォニアンオーク(スロヴェニア産の樽)』と『アリエオーク(フランス・アリエ産の樽)』を使い分けています。

アマローネ特有の力強い凝縮感ながら『タンニン(渋み)』は滑らかで、余韻に『濃厚なチョコレート』の風味が広がる『フルボディ』タイプです。

  • 原産国:イタリア
  • 産地:ヴェネト州
  • 品種:コルヴィーナ、ロンディネッラ、オゼレータ、モリナーラ
  • 生産者:マァジ社
  • 味わい:甘口☆☆☆★☆辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 参考価格:13,000円~14,000円

ジュゼッペ・クインタレッリ アマローネ・デッラ・ヴァルポリッチェラ 2007

『アマローネの父』と呼ばれる巨匠で、伝説的な生産者『ジュゼッペ・クインタレッリ』の造る希少なアマローネです。

農作業から瓶詰め後のラベル貼りまで全て手作業で行われます。『伝統主義』の生産者でもあり、『自然酵母』での発酵の後も手を加えず『自然に任せて』ワイン造りを行っています。

出来るワインの凝縮感は『比類ない』繊細さのある果実味です。『干しブドウ』そのものを感じる風味の中に『力強いスパイシーさ』と『ビター』な余韻のあるフルボディタイプです。

※『アマローネ』を語る上で外せない生産者です。

  • 原産国:イタリア
  • 産地:ヴェネト州
  • 品種:コルヴィナ、コルヴィオーネ、ロンディネッラ
  • 生産者:ジュゼッペ・クインタレッリ
  • 味わい:甘口☆☆☆★☆辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 参考価格:32,000円~37,000円

【補足】

※『アマローネ』は2010年にDOCG格付けとなったため、それ以前のヴィンテージは昇格前のDOC格付けです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?『アマローネ』とはイタリア・ヴェネト州を代表する『ヴァルポリチェッラ』というワインの伝統的な製法です。

ブドウを収穫してから瓶詰めに至るまで、手間暇かけて造られています。また『最低でも2年半』の熟成が義務付けられており、生産者によっては更に時間を費やすところもあります。

どれも生産量が少なく希少なため、入手困難なワインのひとつともいえるでしょう。

JSA(社団法人日本ソムリエ協会)認定シニアソムリエNo1109。ワインコーディネーター、ワインライター
旧アカデミー・デュ・ヴァン東京校にてワインを学び、株式会社セブンシーズ・インターナショナル(旧レストラン・ロアラ・ブッシュ)でワイン業務に従事。後に九州へ帰郷、2005年にJSA(社団法人日本ソムリエ協会)認定シニアソムリエ資格を取得。現在は酒販会社のワインアドバイザー兼、飲食店様へのワインコーディネイト、ワイン関連サイト各種への執筆やワイナリーを訪問してのトラベルライターとしても活動中。

スポンサーリンク