初夏に飲みたいおすすめワイン7選|旬の食材や料理と併せて

さわやかな風と少し強い陽射しが心地よい初夏は、気温も高くなってくるので、気分的に少しさわやかなワインが恋しくなる季節でもあります。

過ごしやすい気温で心地よい季節には、昼間からワインを楽しみたくなりますね。

また、アウトドアで飲むワインがおいしい季節でもあります。キャンプなどはもちろん、ベランダやテラスなどで楽しむランチやディナーも心地よい時期です。

そんなときにはすっきりとした白ワインや、軽く冷やして飲みたくなる清涼感のある赤ワインなどがおいしく感じられますね。

初夏が旬の食べ物は?

旬の食べ物もいろいろなものがあります。

走りの夏野菜や豆類、お魚であれば初鰹や、白身魚ならイサキやメバル、穴子などがおいしくなる時期でもあります。

また、そろそろ出回る岩牡蠣や帆立貝やあさりなどの貝類といった、初夏を感じさせる味覚もたくさん。意外と知られていないところでは山羊乳のチーズが充実し始める頃でもあります。

今回は、初夏に旬を迎える食材を使った料理によく合うワインや、季節的に心地よく楽しめるワインを集めてみました。

メディチ・エルメーテ クエルチオーリ・レッジアーノ ランブルスコ


赤のスパークリングとして有名なのが、イタリアのランブルスコです。

これまで、安ワインとして扱われてきた過去がありますが、それを払拭した造り手がメディチ・エルメーテです。

10年以上ガンベロ・ロッソで最高評価を得ており、ランブルスコの歴史を変えたと言われています。

穏やかな泡、カシスや杉のような香り、ブルーベリーのような果実味が特徴的です。

また、軽やかなタンニン、心地よい酸味も感じやすいワインとなっています。

料理を合わせるなら、生ハムやリエットなどのシャルキュトリーはもちろん、意外とたこ焼きなどにも合ってしまう万能選手です。初夏のホームパーティーなどに重宝するワインです。

  • 原産国:イタリア
  • 産地:エミリア・ロマーニャ
  • 品種:ランブルスコ・サラミーノ、ランブルスコ・マラーニ
  • 生産者:メディチ・エルメーテ
  • 味わい:甘口☆☆☆★☆辛口
  • 容量:750ml
  • 参考価格:798円

ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ シュール・リー ドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエール

フランスのロワール川流域の河口近くに位置するミュスカデ。

そこで造られているワインは、さっぱりとした魚介に合うものですが、なかでも、シュール・リー製法を用いたこのワインは、澱由来のうまみがのった味わいです。

造り手であるドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエールは数々のコンクールで金賞を受賞するドメーヌで、減農薬農法で育てられたブドウから、テロワールを尊重したワインを造っています。

レモンやシトラスなどの柑橘類のアロマや、ハーブなどの清涼感のある香りが夏らしさを演出します。

また、フレッシュな酸味と豊かな果実味は、シュール・リーならではの旨味がほんのり乗った味わいです。

合わせたい料理は、白身魚のカルパッチョやかにや海老などの甲殻類のボイルなどが挙げられます。

  • 原産国:フランス
  • 産地:ロワール
  • 品種:ムロン・ド・ブルゴーニュ
  • 生産者:ドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエール
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • 容量:750ml
  • 参考価格:2,002円

ブーズロン・アリゴテ ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ

ドメーヌ ド ヴィレーヌ
¥3,537 (2020/09/25 20:33:56時点 Amazon調べ-詳細)

ワインの中の最高峰、ロマネ・コンティを生むドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティと同じオーナーが持つもうひとつのドメーヌが、このドメーヌ・ド・ヴィレーヌです。

ドメーヌの中心となっているのは、オーナーの甥であるブノワ氏。1971年創立と歴史は浅いですが、ワイン造りの哲学は脈々と受け継がれています。

ブドウはビオロジックで育てられ、手摘み、自然酵母による発酵でワインに。瓶詰め時に使用する亜硫酸塩は最小限に留められ、本来のブドウの良さそのものをできるだけ活かすという考えでワインを造っています。

柑橘類の印象が感じられる香りとピュアできりっとした味わいがあり、とても上品なワインです。

ライムのニュアンスを感じる伸びの良いテクスチュアと、心地よいミネラルの印象は、美しい余韻へと続いていきます。とてもバランスが良く、きれいなワインです。

料理に合わせるなら、そろそろ出回り始める岩牡蠣や貝類などのお刺身や、ちらし寿司などがマッチします。レモンやすだちを絞るとぴったりと寄り添ってくれます。

  • 原産国:フランス
  • 産地:ブルゴーニュ
  • 品種:アリゴテ
  • 生産者:ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • 容量:750ml
  • 参考価格:2,838円

クラレンドル・ブラン バイ シャトー・オー・ブリオン

ボルドー5大シャトーのひとつである、シャトー・オー・ブリオンと、その向かいにあるシャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオンという、グラーヴ地方の2大巨頭とも言えるシャトーを擁する、クラレンス・ディロン・ワインズ。

超一流のワインを生み出す生産者が新たに生み出したブランドがクラレンドルです。

2つのシャトーはごく少量の白ワインを生産していることでも知られていますが、そのスタイルを受け継ぎ造られているのが、このクラレンドル・ブランです。

偉大なシャトーで培われた哲学と技術を注ぎ込んだワインは、エレガントな味わいを楽しむことが出来ます。

グレープフルーツやアカシアの花のような、華やかな香りに心地よいほろ苦さが含まれているのが特徴的です。

セミヨンならではの蜜蝋のようなニュアンスも感じられます。

熟した桃やアプリコットなどのような果実味と、しっかりとしたミネラル感も感じつつ、キリッとした酸味とオイリーな口あたりは、ボルドーブランを知る上でも外せない存在です。

合わせるならお刺身やシロギスや穴子の天ぷらなどの和食はもちろん、初夏に充実した味わいになるシェーブル(山羊乳のチーズ)などもぴったりです。

  • 原産国:フランス
  • 産地:ボルドー
  • 品種:ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、ミュスカデル
  • 生産者:クラレンス・ディロン・ワインズ
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • 容量:750ml
  • 参考価格:3,000円

タヴェル・ロゼ E.ギガル

Guigal(ギガル)
¥2,831 (2020/09/25 20:33:58時点 Amazon調べ-詳細)

南フランスの入り口ともいえるコート・デュ・ローヌで、コート・ロティやエルミタージュなどの錚々たるワインを手掛ける、北部ローヌの名手ギガルが、フランス3大ロゼワインの産地であるタヴェルで造っているロゼワインです。

飲みごたえのある味わいが特徴のワインですが、それはひと晩マセラシオンをして果汁を引き抜き、温度調節をしながら発酵を行うという製法に由来します。

ボルドーやプロヴァンスのロゼとは一味違う、肉厚な味わいのロゼは、初夏に赤ワインの代わりに飲むのにも適しています。

美しいサーモンピンクのような色味イチゴキャンディのような華やかな香りが特徴的で、しっかりとした果実味とストラクチャーも感じられ、飲みごたえがあります。

合わせたい料理は、ポークソテーや焼肉、ハンバーグなどの洋食はもちろん、ポン酢で食べるカツオのたたきなどもよく合います。

  • 原産国:フランス
  • 産地:コート・デュ・ローヌ
  • 品種:グルナッシュ、サンソー、クレレット、シラー他
  • 生産者:E.ギガル
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • 容量:750ml
  • 参考価格:2,288円

サンタムール ジョルジュ・デュブッフ

GEORGES DUBOEUF(ジョルジュ デュブッフ)
¥2,678 (2020/09/25 20:33:59時点 Amazon調べ-詳細)

ボジョレー・ヌーヴォーを語る上で、外せない造り手でもあり、その立役者として活躍するジョルジュ・デュブッフが手掛けるのは、ボジョレー・ヌーヴォーだけではありません。

ボジョレーには10のクリュがあり、その中の最上級とよばれるのがサンタムールです。

サンタムールは「愛の聖人」という意味であり、そうしたことからバレンタインなどに、恋人への贈り物などに選ばれることもあります。

香りは、熟した桃やアプリコットのような甘くやさしく、ほどよいバランスが良い酸味を感じることができます。

軽やかなタンニンのライトな口あたりは、合う料理の幅も広いのが良いところです。

料理に合わせるなら、リエットやソーセージなどのシャルキュトリや、オニオンソースのハンバーグ、魚ならカツオのカルパッチョなどとよく合います。

  • 原産国:フランス
  • 産地:ブルゴーニュ
  • 品種:ガメイ
  • 生産者:ジョルジュ・デュブッフ
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:ライトボディ
  • 容量:750ml
  • 参考価格:2,352円

ブルゴーニュ・パストゥグラン ロベール・グロフィエ

モレ・サン・ドニにあるドメーヌ、ロベール・グロフィエは、シャンボール・ミュジニーの1級畑、レ・ザムルーズ最大の畑所有者であり、アペラシオンを代表する生産者です。

パストゥグランはピノ・ノワールにガメイをブレンドしたワインですが、ロベール・グロフィエが手掛けると、ベーシックなものよりもぐっと果実味が詰まった印象になります。

収量を抑えているためか、とても洗練された味わいになっています。

ジャムのような凝縮した果実の香りと、ジューシーで深い味わいはタンニンも軽く、なめらかで気品の感じられる1本です。

合わせたい料理はシンプルなステーキや、鶏肉の赤ワイン煮込みなどの洋食はもちろん、カツオを醤油で漬けにした和テイストの料理などもよく合います。

  • 原産国:フランス
  • 産地:ブルゴーニュ
  • 品種:ピノ・ノワール、ガメイ
  • 生産者:ドメーヌ・グロフィエ
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:ミディアムボディ
  • 容量:750ml
  • 参考価格:3,890円

まとめ

初夏の気候やその日の気分に合わせて、ワインや料理を選ぶことで、食卓が華やかになるだけでなく、これから夏に向けてのからだを整える意味でも、食を楽しむことはとても大切なことだといえます。

特に、アウトドアで味わう料理とお酒は、ストレスを開放してくれる役割も大きく、のびのびとした時間を過ごすことができます。

決して長いシーズンではありませんが、束の間の初夏をワインで彩ってみてはいかがでしょうか。

きっと楽しいひと時が過ごせるはずです。