ボルドー右岸サン・テミリオン赤ワインのおすすめを紹介!特徴と格付けも解説
みい子みい子

ボルドー地方の高級赤ワインの産地として有名なサン・テミリオン。メルロ主体のなめらかな赤ワインが作られており、同じボルドーのメドックの赤ワインとは異なる特徴を持っています。ボルドーの赤ワインは渋みが強くて苦手と感じている方でも、サンテミリオンの赤ワインは好みかもしれません。

今日はそんなサンテミリオンの赤ワインを紹介します。

サン・テミリオン地区について

 
サン・テミリオン地区はドルドーニュ川のリブルヌを中心とするエリアに位置し、リブルヌの東側にはローマ時代からの美しい街並みを誇る世界遺産サン・テミリオンを中心に、サン・テミリオンのAOCが広がっています。

サン・テミリオンを中心に、AOCサン・テミリオンサン・テミリオングランクリュの2つがあります。

サン・テミリオングランクリュはAOCサン・テミリオンよりもアルコール度数や収量などの規定がより厳しくなっています。

小川を挟んだ北側には衛星地区と呼ばれる、サン・テミリオンの名前を付けた4つのAOC(サン・ジョルュ・サン・テミリオン、モンターニュ・サン・テミリオン、リュサック・サン・テミリオン、ピュイスガン・サン・テミリオン)があります。

土壌は変化に富んでいて、コートとグラーヴの2つの地区に大別することができます。

コートは、サン・テミリオンの町があるメルローの栽培に適した石灰岩の地域で、グラーブはサン・テミリオンの北西部に位置し、ポムロールとの境界に近く、カベルネ・フランがよく栽培されている砂利と粘土質の地域です。

サン・テミリオンを代表とするシャトーのシャトーオーゾンヌコートに、シャトー・シュヴァル・ブラングラーヴに位置しています。

サン・テミリオン地区は全般的にメルロ主体で補助的にカベルネ・フランなどがブレンドされているため、渋みが少なく、フルボディで滑らかな口当たりのワインを生み出しています。

サン・テミリオンの格付け


サン・テミリオンの格付けはメドック地区の格付けからほぼ100年後の1954年に制定されました。

メドックなど他の地区と異なる大きな点は10年に一度見直しをされることです。

格付けはA.O.Cサン・テミリオン・グラン・クリュを対象としたもので、プルミエ・グラン・クリュ・グラッセ(AとB)、グラン・クリュ・クラッセに分けられます。

2012年の見直しでは、最高級のプルミエ・グラン・クリュ・グラッセ「A」には従来からのシャトーオーゾンヌシャトー・シュヴァル・ブランに加えてシャトーアンジェリュスシャトー・パヴィが昇格し、4シャトーとなりました。

サン・テミリオン 赤ワインのおすすめを紹介

シャトー・シュヴァル・ブラン 2014

サン・テミリオンの頂点に君臨するシュヴァル・ブラン。

醸造的な特徴はカベルネ・フランをメルロと同じくらいの割合で使用していることです。

シュヴァルブランの独自のテロワールに植えられたカベルネ・フランの効果によってリッチネス、完熟感、強い粘性のあるテクスチャア、ビロードのようなタンニン、シルキーな舌触りとエキゾチックで長い余韻が実現されています。

若い時から楽しむこともできますが、そこからさらに20年から30年は熟成すると言われています。

  • 原産国:フランス
  • 産地:ボルドー/サンテミリオン
  • 格付け:サン・テミリオン第一特別級A
  • 品種:メルロ、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン
  • タイプ:赤
  • 生産者:シャトー・シュヴァル・ブラン
  • 味わい:甘口☆☆☆★☆辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 容量:750ml
  • 参考価格:70,000~75,000円

ル・プティ・シュヴァル 2012

 

こちらはシュヴァル・ブランのセカンドワインです。

リッチな果実味に溢れ、シュヴァル・ブランのエキゾチックな個性を充分に引き継いでいます。

若いうちから楽しめるのも魅力の一つです。

フォアグラのソテーや、ローストビーフなどとよく合います。

  • 原産国:フランス
  • 産地:ボルドー/サンテミリオン
  • 格付け:サン・テミリオングランクリュ
  • 品種:メルロ、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン
  • タイプ:赤
  • 生産者:シャトー・シュヴァル・ブラン
  • 味わい:甘口☆☆☆★☆辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 容量:750ml
  • 参考価格:20,000~35,000円

 

プティ・フィジャック 2013

プティ フィジャック[2013] (750ml)赤

プティ フィジャック[2013] (750ml)赤

6,200円(09/26 05:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

シャトー・フィジャックはシャトー・シュヴァル・ブランとともにサン・テミリオンを代表するシャトーの一つです。

畑の1/3はシュバル・ブランに似ているグラーヴの土壌ですが、シュヴァル・ブランに比べカベルネ・ソーヴィニヨンの植えられている比率が高いのが特徴です。

こちらはそのシャトー・フィジャックのセカンドワインです。

畑はファーストラベルと同じ上に全て樹齢40歳以上の木から収穫されたものを使用しておりテロワール由来のフィネスと凝縮感を充分に受け継いでいます。

  • 原産国:フランス
  • 産地:ボルドー/サンテミリオン
  • 格付け:サン・テミリオングランクリュ
  • 品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルエオ
  • タイプ:赤
  • 生産者:シャトー・フィジャック
  • 味わい:甘口☆☆☆★☆辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 容量:750ml
  • 参考価格:5,000~6,000円

コーディア コレクション・プリベ・サンテミリオン

 

コーディア社はボルドー最大のネゴシアンの一つです。

コーディア社のプレミアムブランドである「コレクション・プリベ」ブランドを確立し、その一方でボルドー地域の優秀なプティシャトーと独占契約を結んだ「クラブ・コーディア」をスタートさせており絶大な評価を獲得しています。

こちらのワインは赤い果実を思わせるスパイシーな香りで、メルロ特有のエレガントで心地よい優しい口当たりのワインです。

ミートソースを使用した料理肉料理と合います。

  • 原産国:フランス
  • 産地:ボルドー
  • 格付け:AOCサンテミリオン
  • 品種:メルロー、カベルネ・フラン
  • タイプ:赤
  • 生産者:コーディア
  • 味わい:甘口☆☆☆★☆辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 容量:750ml
  • 参考価格:2,500~3,500円

 

サンテミリオン ”ローズヴィル”

サンテミリオン・“ローズヴィル

サンテミリオン・“ローズヴィル

2,036円(09/26 05:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

1739年に創立されたシュレーダー・エ・シーラー社は、代々シーラー家によって受け継がれ、ネゴシアンとしては最古の歴史を持つ由緒あるファミリー会社です。

「バラの街」という名前のこのワインはその名にふさわしく、エレガントで重厚な味わいです。

肉料理キノコ料理とよく合います。

  • 原産国:フランス
  • 産地:ボルドー
  • 格付け:ACサンテミリオン
  • 品種:メルロー、カベルネ・フラン
  • タイプ:赤
  • 生産者:シュレーダー・エ・シーラー
  • 味わい:甘口☆☆☆★☆辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 容量:750ml
  • 参考価格:2,000~2,500円

まとめ

今日はサン・テミリオン地区の赤ワインを紹介しましたが、いかがでしたか?

重厚でありながらタンニンが少なめで丸みのあるメルロは魅力的ですね。

まずはボルドー地方のメルロから試してみてはいかがでしょうか?