おすすめの赤ワインはこれだ!【優秀な日本ワイン5選 山梨編】
蓮實真知蓮實真知

今回は、おすすめの山梨の赤ワインにフォーカスしてお話しいたします。日本ワインの歴史やマリアージュについても併せてお楽しみください。

日本ワインとは

山梨の白ワインのお話しでも触れましたが、「日本ワイン」とは、日本国内で栽培されたブドウのみを使用し、日本国内で醸造しているワインのことを指します。

2010年に「甲州」が、2013年に「マスカット・ベーリーA」が国際ブドウ・ワイン機構(OIV)にワイン用ブドウとして登録されました。

これにより、EUへ輸出するワインのラベルに、これらの品種名を記載することができるようになり、海外に日本固有のブドウ品種が知れ渡り、高く評価されるようになりました。

その影響もあり、日本国内でのワイン造りに対する意識が更に高まり、高品質のワインが産出されています。また、新規に設立するワイナリーも増え、「日本ワイン」の今後に期待が高まります。

【関連記事】
おすすめの白ワインはこれだ!【優秀な日本ワイン5選 山梨編】

マスカット・ベーリーAについて

1895年(明治28年)フランスから帰国した土屋竜憲氏からブドウの栽培技術を学んだ川上善兵衛氏は、故郷の屋敷内に「岩の原葡萄園」を開設しました。

ブドウ造りに励み、1927年(昭和2年)川上善兵衛氏「マスカット・ベーリーA」を始めとする、独自品種の開発に成功した中で生まれた品種で、最も重要視されている品種です。

「岩の原葡萄園」では、川上善兵衛氏を称えて、「善」というネーミングのワインや、川上善兵衛氏の生誕150周年を記念したワインなどが造られています。

今では、新潟県だけでなく、日本全国で栽培されるようになり、山梨県では、マスカット・ベーリーAの収穫量の約8割を占めています。

マスカット・ベーリーAのワインの特徴

鮮やかなラズベリーレッドで、淡い色調。ストロベリーやラズベリーなど、赤系果実のフレッシュな香りで、タンニンがなめらかなのが特徴です。

あまり長熟タイプではなく、早飲みワインに多く使われています。熟成してもあまり色調が濃くなりません。「フォクシーフレーバー」というイチゴキャンディのような甘い香りがあるのも特徴です。

合わせるお料理は?

「地のもの同士を合わせる」のが、簡単なマリアージュの法則のひとつにありますので、日本ワインは、和食との相性はバッチリです。

赤ワインですが、タンニン(渋み)が少ないので、しっかりとしたお肉に合わせるというよりは、お醤油やみりんを使用したお料理が合います。例えば、お魚の照り焼きやタレの焼き鳥など、淡泊な食材との組み合わせが良いでしょう。

また、洋食でしたら、豚肉のグリルやサーモンのムニエルなどもおすすめです。
ここからは、それぞれのワインに合うお料理もご一緒にご紹介いたします。

蓮實真知蓮實真知

山梨産のおすすめ赤ワイン(マスカット・ベーリーA)をご紹介します。

おすすめワイン一覧

シャトー・メルシャン 山梨マスカット・ベーリーA


ラズベリーやストロベリーのような赤系果実の香りに加えて、綿あめやキャンディのような甘い香りも感じられ、口当たりは軽めです。
まさに「みりん」で少し甘く味付けしたお料理に合わせやすいマスカット・ベーリーAです。

  • 原産国:日本
  • 産地:山梨県
  • 品種:マスカット・ベーリーA
  • タイプ:赤ワイン
  • 生産者:シャトー・メルシャン
  • 味わい:甘口☆☆☆★☆辛口
  • ボディ:ミディアムボディ
  • 容量:750ml
  • 参考価格:2000円

くらむぼんワイン マスカット・ベーリーA

マスカット・ベーリーA[2017]くらむぼんワイン(赤ワイン)

マスカット・ベーリーA[2017]くらむぼんワイン(赤ワイン)

2,480円(02/26 16:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

天然酵母を使用し、無濾過で仕上げているので、果実そのものを楽しめる1本です。飲み進めて行くほどに、濃さが増し、時間の経過と共に楽しめるワイン。

甘草や丁字などのスパイスの香りがあるので、しっかりとしたお肉料理にも合わせやすいマスカット・ベーリーAです。

  • 原産国:日本
  • 産地:山梨県甲州市勝沼町
  • 品種:マスカット・ベーリーA
  • タイプ:赤ワイン
  • 生産者:くらむぼんワイン
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 容量:750ml
  • 参考価格:2650円

キスヴィン マスカット・ベーリーA


「ヴィンヤード(ブドウ畑)にキスをする」という意味で名づけられた「キスヴィン」は、シャルドネが有名なのですが、希少なマスカット・ベーリーAも素晴らしく、ブラインドをすると日本ワインではないように感じるのが特徴です。

残糖分を残さないことで、完全な辛口にし、オーク樽で少し長めに熟成しています。和食よりは、軽めの洋食に合わせるマスカット・ベーリーAです。

  • 原産国:日本
  • 産地:山梨県甲州市塩山
  • 品種:マスカット・ベーリーA
  • タイプ:赤ワイン
  • 生産者:シャトー酒折
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:ミディアムボディ
  • 容量:750ml
  • 参考価格:3000円

MGVs B553 GI Yamanashi

ひとつひとつのキュヴェにこだわったワイン造りが魅力的な、新しいワイナリーが生み出すこだわりの1本。

樽香がしっかりとしていながら、重すぎず、単体でも楽しめるマスカット・ベーリーAです。スタイリッシュなエチケットが印象的で、マグロやカツオのお刺身やお寿司に合わせられる繊細さもあります。

  • 原産国:日本
  • 産地:山梨県甲州市勝沼町/山梨県牧丘町
  • 品種:マスカット・ベーリーA
  • タイプ:赤ワイン
  • 生産者:MGVs(マグヴィス)
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:ミディアムボディ~フルボディ
  • 容量:750ml
  • 参考価格:3300円

マンズワイン ソラリス 山梨マスカット・ベーリーA 敷島 大久保


新樽でしっかりと熟成したマスカット・ベーリーAは、深みがあり、複雑でしっかりとした印象です。

和食でも、贅沢な煮込み料理やすき焼きなど、味の濃いものと合わせるのにぴったりな1本です。

  • 原産国:日本
  • 産地:山梨県
  • 品種:マスカット・ベーリーA
  • タイプ:赤ワイン
  • 生産者:キッコーマン
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 容量:750ml
  • 参考価格:3500円

まとめ

同じ品種(マスカット・ベーリーA)でも、造り手によって表情が変わりますので、合わせるお料理によって、ワインを選ぶのも楽しいものです。

あまり日本ワインに馴染みが無い方にもぜひ試していただきたいワインをご紹介いたしました。身近な家庭料理とも合わせやすいので、ご自宅でワインを楽しまれる際に試してみてはいかがでしょうか。

併せて読みたい記事はこちら

おすすめの白ワインはこれだ!【優秀な日本ワイン5選 山梨編】

甲州ワインのおすすめ5選をご紹介【世界が注目する山梨ワインの魅力】