あなたはグルジア(ジョージア)のワインを飲んだことがありますか?

グルジアはヨーロッパとアジアの境にある『旧ソビエト連邦』に属していた国で、『トルコ』や『アゼルバイジャン』などと隣接しています。

日本では2015年より呼び名が変更となり、現在では『ジョージア』という名称で呼ばれています。

グルジア(ジョージア)の位置する『コーカサス地方』では、一説によると約8,000年以上も前からワイン造りが行われていたと言われています。

その歴史は現在ワインの産地としても知られている『フランス』や『イタリア』などよりも古く、『ワイン発祥の地』とも言われています。

今回は『ワイン発祥の地』として、現在人気となっている『グルジア(ジョージア)ワイン』の豆知識とおすすめのグルジアワイン7本をご紹介します。

グルジア(ジョージア)ワインの特徴

グルジア(ジョージア)ワインは製造方法に特徴があり、『クヴェヴリ』と呼ばれる大きな壺(土器)にブドウの『果皮』と『種子』一緒に浸け込み発酵を行います。

また『クヴェヴリ』は地中に埋められ、『安定した温度』で発酵を進めていきます。この製法は2013年にユネスコの『無形文化遺産』にも登録されています。

この製法で造られたグルジア(ジョージア)ワインは『程よいタンニン(渋み)』と『自然な果実の甘味』が醸し出され、あの世界三大美女としても有名な『クレオパトラ』も愛したと言われています。

そして『白ブドウ』の『果皮』と『種子』を一緒に浸け込む『醸し』ワイン、いわゆる『オレンジワイン』もグルジア(ジョージア)が発祥と言われています。

代表的なブドウ品種

赤ワイン用のブドウ品種

  • サペラヴィ:赤ワイン用の土着品種です。若い時は程よい酸味があり、成熟とともに滑らかなタンニンが現れます。

白ワイン用のブドウ品種

  • ルカツィテリ:白ワインと一部赤ワインのブレンドに使用されます。トロピカルフルーツのような爽やかでフレッシュな風味が特徴です。

※その他『約500種』以上のブドウ品種が現存している『唯一無二』な環境もグルジア(ジョージア)の特徴です。

おすすめグルジアワイン厳選7選

カヘティアン ツィナンダリ (白ワイン)

カヘティ地方の『ツィナンダリ』という地域で造られる、グルジア(ジョージア)を代表する『辛口白ワイン』です。

白ワイン用の品種である『ルカツィテリ』と『ムツヴァネ』のブレンドにより、フレッシュで『白桃』のような瑞々しい味わいの辛口タイプになっています。

『野菜』や『海産物』のシンプルなサラダによく合います。

  • 原産国:グルジア(ジョージア)
  • 産地:カヘティ地方/ツィナンダリ地区
  • 品種:ルカツィテリ、ムツヴァネ
  • 生産者:カヘティアン・トラディショナル・ワインメイキング
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:ミディアム
  • 参考価格:1,700円~2,000円

ムクザニ (赤ワイン)

カヘティ地方 のムクザニ地区で造られる、『グルジア(ジョージア)で最もメジャーな地区』の赤ワインです。

選りすぐりの酵母から発酵された『サペラヴィ100%』で造られ、3年間オーク樽の中で熟成を行います。

深みのある色合いで、『凝縮した果実味』に力強い『タンニン(渋み)』と『滑らかな余韻』のあるフルボディタイプです。

『スペアリブ』などBBQソースなどによく合います。

  • 原産国:グルジア(ジョージア)
  • 産地:カヘティ地方/ムクザニ地区
  • 品種:サペラヴィ100%
  • 生産者:GWS社
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 参考価格:2,500円~3,000円

ゴッツァ ツォリコウリ (白ワイン/オレンジワイン)

グルジア(ジョージア)の中部、『カルトリ地方』で『クヴェヴリ製法』で造られる醸し系の白ワイン『オレンジワイン』です。

ブドウ栽培には『ビオディナミ農法』を取りれ、ナチュラルなワイン造りを行っています。品種は『ツォリコウリ』という土着品種を使用しています。

綺麗なオレンジ色で、『レモネード』のような甘やかで『濃密なコクと風味』のある力強いオレンジワインです。

『鶏肉』や『豚肉』などの肉料理や『ハニーマスタード』のソースにもよく合います。

  • 原産国:グルジア(ジョージア)
  • 産地:カルトリ地方
  • 品種:ツォリコウリ100%
  • 生産者:ゴッツァ
  • 味わい:甘口☆☆☆★☆辛口
  • ボディ:ミディアム
  • 参考価格:2,500円~3,000円

チョティアシュヴィリ ヒフヴィ (白ワイン/オレンジワイン)

カヘティ地方の生産者『チョティアシュヴィリ』が『クヴェヴリ製法』で造る『オレンジワイン』です。

土着品種の『ヒフヴィ』というブドウを出来る限り『無農薬』で栽培し、伝統的な手法で『発酵・熟成』させられます。

濃いオレンジ(褐色に近い)色合いで、その色同様に風味も『黄桃』や『マンゴー』のような『黄色い果実』の濃厚さが感じられます。

また余韻に『程よいタンニン(渋み)』と『ビター』な味わいもあり、『肉』や『野菜』などの炭火焼き(BBQ)などにもよく合います。

  • 原産国:グルジア(ジョージア)
  • 産地:カヘティ地方
  • 品種:ヒフヴィ100%
  • 生産者:チョティアシュヴィリ
  • 味わい:甘口☆☆☆★☆辛口
  • ボディ:ミディアム
  • 参考価格:3,500円~4,000円

キンズマラウリ・サペラヴィ・クヴェヴリ (赤ワイン)

ジョージアで最も古いワイナリーの1つ『キンズマラウリ社』が『クヴェヴリ製法』で造る赤ワインです。

自社畑のみで栽培された『サペラヴィ』100%を使用して、内側を『オーガニックの蜜蝋』でコーティングした『クヴェヴリ』で発酵させ造られます。

『カシス』や『アメリカンチェリー』のような『濃い果実味』にサペラヴィ特有の『タンニン(渋み)』が溶け込んだフルボディタイプです。

『肉料理全般』ローストした料理や『コクのあるチーズ料理』にもよく合います。

  • 原産国:グルジア(ジョージア)
  • 産地:カヘティ地方
  • 品種:サペラヴィ100%
  • 生産者:キンズマラウリ社
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 参考価格:3,500円~4,000円

シャラウリ サペラヴィ (赤ワイン)

ジョージア東部にある『シャラウリ・ワイン・セラーズ』が『クヴェヴリ製法』で造る赤ワインです。

赤ワイン用の土着品種『サペラヴィ100%』で、発酵には『天然酵母』を使用して造られています。人的な作業を出来るだけ行わない『ナチュラル』な造りが特徴です。

ベリー系の『赤い果実』のような酸と果実味のバランスが良く、『スパイシー』で『心地良いタンニン(渋み)』もある上品な味わいです。

『赤身の肉料理』や『ジビエ料理』などにもよく合います。

  • 原産国:グルジア(ジョージア)
  • 産地:カヘティ地方
  • 品種:サペラヴィ100%
  • 生産者:シャラウリ・ワイン・セラーズ
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 参考価格:4,000円~4,500円
    ※ジョージア・インターナショナル・ワインコンペティション2017=銀賞

フヴァンチカラ (赤ワイン/中甘口)

『ラチャ-レチフミ地方』という産地のワイナリー『フヴァンチカラ』の造る『中甘口』の赤ワインです。

『アレクサンドゥレウリ』という土着品種を中心に『天然酵母』で発酵させて造られます。

滑らかな果実味の『やや甘口』タイプですが、後味にアレクサンドゥレウリ種特有の『タンニン(渋み)』も感じられるコクのある味わいです。

『ジャム』や『果物』のソースで食べる『肉料理』や甘い味付けの『中華』、『和食』ともよく合います。

  • 原産国:グルジア(ジョージア)
  • 産地:ラチャ-レチフミ地方
  • 品種:アレクサンドゥレウリ、ムジュレトゥリ
  • 生産者:フヴァンチカラワイナリー
  • 味わい:甘口☆★☆☆☆辛口
  • ボディ:ミディアム
  • 参考価格:6,000円~6,500円

まとめ

ワインの発祥とも言われる『グルジア(ジョージア)』のワイン。『クヴェヴリ』とよばれる壷で行われる『伝統的な製法』もこの国の特徴です。

また、近年人気となっている『オレンジワイン』も『グルジア(ジョージア)』が発祥で、今日『話題の生産者』達が造る『オレンジワインの礎』ともなっています。

おすすめのオレンジワインも見てみる:

【ワイン最前線】今話題のオレンジワインとは?おすすめ銘柄10選!

樽による『発酵・熟成』されたワインとは一味違う、『ナチュラル』な味わいも楽しめる『グルジア(ジョージア)ワイン』を是非一度味わってみてはいかがでしょうか?

JSA(社団法人日本ソムリエ協会)認定シニアソムリエNo1109。ワインコーディネーター、ワインライター
旧アカデミー・デュ・ヴァン東京校にてワインを学び、株式会社セブンシーズ・インターナショナル(旧レストラン・ロアラ・ブッシュ)でワイン業務に従事。後に九州へ帰郷、2005年にJSA(社団法人日本ソムリエ協会)認定シニアソムリエ資格を取得。現在は酒販会社のワインアドバイザー兼、飲食店様へのワインコーディネイト、ワイン関連サイト各種への執筆やワイナリーを訪問してのトラベルライターとしても活動中。

スポンサーリンク