ブラッククイーンのおすすめワイン、主な産地と特徴について

井出玲子井出玲子

日本ワインの中で、今回はブラッククイーンについてご紹介していきます。

その品質が近年非常に高くなったことで、海外のワインメディアでも話題になるようになった日本ワイン。

その日本ワインの赤ワイン用品種というと、メルローやカベルネ・ソーヴィニヨンなどの欧州系品種の他に、マスカット・ベーリーAなどの日本固有の交配品種が挙げられます。

今回取り上げるブラッククイーンも、マスカット・ベーリーAと同様に、日本固有の交配品種のひとつとして知られている品種です。

この記事では、ブラッククイーンのおすすめワイン、その特徴と主な産地について触れていこうと思います。

ブラッククイーンの品種としての成り立ちと特徴

<出展:株式会社アルプス>

ブラッククイーンの成り立ち

ブラッククイーンは「日本ワインの父」と呼ばれる、川上善兵衛氏が新潟県の岩の原葡萄園で、品種交配をして生み出されたブドウのひとつです。

1927年に、母親品種にベイリー、父親品種にゴールデンクイーンをかけ合わせ、1万回以上の交配を行った末に出来上がったのがブラッククイーンです。

濃い黒紫色の果皮で、ワインにしたときにもとても色が濃く、豊かな酸味を持ち、タンニンはやわらかくまろやかです。しっかりとしたボディの感じられる、ふっくらとボリューム感のある赤ワインが出来上がります。

ブラッククイーンの特徴

その独特の色の濃さや酸味が豊かなことから、欧州系ブドウ品種やマスカット・ベーリーAなどの補助的品種として使われることの多かったブドウ品種です。

しかし、近年では収穫時期を遅らせることでその強い酸味をやわらげ、ブラッククイーンが本来持っている豊かな果実味を生かしたワインを造るワイナリーも増えています。

ざくろのような甘酸っぱい香りがありますが、香りはあまり強くなく、樽熟成などによって独特のカカオのようなスパイシーな香りが生まれ、個性豊かなワインになります。

ブラッククイーンの主な産地


まだあまりメジャーな品種とはいえないブラッククイーンですが、赤ワインのメインの品種として使用しているワイナリーが、実は全国各地に点在しています。

川上善兵衛がブラッククイーンを品種交配した場所が、新潟県の岩の原葡萄園であるために発祥地は新潟県となります。

現在では新潟県のほか、山梨県、長野県、山形県など日本各地で栽培され、日本の固有品種として注目を集めています。

ブラッククイーンのおすすめワイン8選

井出玲子井出玲子

ここからはブラッククイーンのおすすめワインを8本ご紹介します。

ミュゼ・ド・ヴァン 松本平ブラッククイーン

長野県の松本平産のブラッククイーンを、ボジョレー・ヌーヴォーと同じ、マセラシオン・カルボニックという方法で醸造し、フレンチオークの樽で熟成させたワインです。

濃い紫色が鮮やかな色合いで、凝縮されたフレッシュな果実味とほどよい渋みとまろやかな口あたりが特徴の、バランスの良いワインに仕上がっています。

家庭料理なら肉じゃがやごぼうと牛肉のしぐれ煮などがぴったり。洋風の料理なら、ラザニアやミートソースのスパゲッティなどがブラッククイーンの独特の味わいとよく合います。

    • 原産国:日本
    • 産地:長野県
    • 品種:ブラッククイーン100%
    • 生産者:株式会社アルプス
    • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
    • ボディ:ミディアムボディ
    • 容量:720ml
    • 参考価格:1,550円

ルミエール レザン・ファン ブラッククイーン

山梨県産のブラッククイーン100%で造られるワインです。

山梨県甲州市にあるルミエールワイナリーは、かつて大正時代は皇室の御用達でもあった由緒正しいワイナリーでもあります。

濃厚な紫色のワインは、丸みのあるやわらかなテクスチャが感じられ、フレッシュな果実味とほどよい酸味に加え、カカオのようなスパイシーなフレーバーが心地よいワインです。

ペアリングを楽しむのなら、ハヤシライスやビーフシチューなどのデミグラスソースを使った料理がしっくりきます。

  • 原産国:日本
  • 産地:山梨県
  • 品種:ブラッククイーン100%
  • 生産者:株式会社ルミエール
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:ミディアムボディ
  • 容量:750ml
  • 参考価格:1,980円

五一わいん NAC塩尻ブラッククイーン

長野県塩尻市産のブラッククイーンを100%使ったワインです。

ざくろのような甘酸っぱい果実の香りが豊かで、ほどよい酸味とまろやかな口あたりが特徴です。

樽熟成をしていないぶん、ブラッククイーンならではのフレッシュな果実味が楽しめます。

すき焼きやうなぎの蒲焼などのちょっとしたごちそうと一緒にいただけば、料理のしっかりと甘辛い味わいを、独特の酸味がさらりと流してくれます。

  • 原産国:日本
  • 産地:長野県塩尻市
  • 品種:ブラッククイーン100%
  • 生産者:株式会社林農園
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:ミディアムボディ
  • 容量:720ml
  • 参考価格:1,437円

シャトー勝沼 菱山ブラッククイーン

山梨県甲州市勝沼町の中でも、勝沼町では銘醸畑といわれる菱山の南西斜面で栽培したブラッククイーンのみを使用したワインです。

ブラッククイーンの持つふっくらとしたボリューム感と、ざくろのような甘酸っぱさを感じる果実味のバランスが良く、エレガントで複雑味があります。

牛肉の赤ワイン煮やビーフストロガノフなど、ソースの中にトマトが見え隠れするような、コクのあるソースを使ったお料理がぴったりです。

  • 原産国:日本
  • 産地:山梨県甲州市勝沼町菱山
  • 品種:ブラッククイーン100%
  • 生産者:株式会社シャトー勝沼
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:ミディアムボディ
  • 容量:720ml
  • 参考価格:2,200円

ドメーヌ・タケダ ブラッククイーン古木

山形県では歴史の古いワイナリーでもある、タケダワイナリーの赤ワインです。

自社畑で栽培している樹齢40年という古木のブラッククイーンから生まれたワインを、じっくりと1年間樽熟成しています。

ビターチョコレートのような香りと、ブラック・クイーン独特の豊かな酸や、やわらかな渋み、そしてほのかな甘みが、どっしりとしたボディにぎゅっと詰まっているような、スモーキーでフルーティなワインです。

牛肉のグリルやステーキ、ローストビーフなどと楽しみたい1本です。

  • 原産国:日本
  • 産地:山形県
  • 品種:ブラッククイーン100%
  • 生産者:有限会社タケダワイナリー
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:ミディアムボディ
  • 容量:750ml
  • 参考価格:4,180円

アルカンヴィーニュ ブラッククイーン

アルカンヴィーニュ ブラッククイーン

アルカンヴィーニュ ブラッククイーン

2,420円(05/21 19:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

長野県東御市にある、日本ワイン農業研究所を擁するワイナリーで造られているのは、ブラッククイーンを使用した自然派のワインです。

亜硫酸の添加量を極力おさえ、濾過もその年のワインの状態を見ながら、もともとの持ち味を残すように行っています。

そんなふうに生まれるワインは、ブラッククイーン特有の酸味をしっかりと残しつつ、その口あたりに丸みを加えています

コクのある味わいと、キレの良い酸味は、トマトソースを使ったパスタや、黒酢の酢豚、長野の郷土料理のひとつでもあるソースカツ丼などと合わせても楽しめるものに仕上がっています。

  • 原産国:日本
  • 産地:長野県東御市
  • 品種:ブラッククイーン100%
  • 生産者:アルカンヴィーニュ
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:ミディアムボディ
  • 容量:750ml
  • 参考価格:2,420円

 

ハラモワイン ブラッククイーン

山梨県甲州市に古くからあるワイナリーで造られるのは、スタイリッシュなエチケットが目に入るミディアムボディのワインです。

しっかりとした酸味が特徴のブラッククイーンを、オーク樽で12ヶ月ゆっくりと寝かせた、まろやかでほのかにスパイシーな風味の繊細なワインに仕上がっています。

奥行きのあるやさしい後味のワインは、ラザニアやチーズハンバーグなどの洋食と一緒に頂きたくなる味わいです。

  • 原産国:日本
  • 産地:山梨県
  • 品種:ブラッククイーン100%
  • 生産者:株式会社原茂ワイン
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:ミディアムボディ
  • 容量:750ml
  • 参考価格:2,387円

岩の原ワイン ブラッククイーン

ブラッククイーンという品種が生まれた場所でもある、新潟県の岩の原葡萄園が生み出す、生産量3600本のみの限定生産のプレミアムワインです。

ブラッククイーン100%のワインはしっかりとしたフルボディ。凝縮感のある果実味に、おだやかでやわらかなタンニンがほどよく調和した味わいと、新樽熟成ならではのスパイシーな香りがたまりません。

合わせるならタレをからめた焼肉や、甘酸っぱいベリー系のソースを合わせた鹿肉や猪肉などのジビエがおすすめです。

  • 原産国:日本
  • 産地:新潟県
  • 品種:ブラッククイーン100%
  • 生産者:株式会社岩の原葡萄園
  • 味わい:甘口☆☆☆☆★辛口
  • ボディ:フルボディ
  • 容量:750ml
  • 参考価格:4,298円

まとめ

まだまだあまりメジャーな品種ではないといえるブラッククイーンですが、同じ岩の原葡萄園で川上善兵衛が交配した、マスカット・ベーリーAと同様に、川上品種と呼ばれる日本固有の交配品種としては、歴史の古いものでもあります。

これまで他の品種の補助として使われたり、メインで使われていてもブレンドされているなど、ブラッククイーン100%のワインはあまり多くなかったこともあり、ブラッククイーンらしい個性をふんだんに感じられるワインは手に入れるのが若干むずかしかったといえるかもしれません。

黒紫色という独特のその色合いや、ざくろのような甘酸っぱい香りとしっかりとした酸味、丸みのあるやわらかいタンニンは、日本のワインでは独特のものだともいえます。

ぜひ味わってみてください。